関連投稿

般若心経

思い込みの中で生きている

人は想像を働かせながら生きています。その想像が妄想になると現実との乖離が大きくなって、物事を正しく捉えられなくなります。...
関連記事

簡単には善くならない(気長に修行)

自らの魂(本当の自分)の穢れは過去世の業が現世にも及んでのことです。あらゆるものとの不調和を生じさせる魂の自我・我欲(自...
関連記事

生きる意味を知るために自然のままに生きてみる

この世に誕生するときも、最期のときも自らの意志によらないことになっているのですから、この間どう生きるかも自らが決めなくて...
いのり

自分の中の異なる意識

自分の中に異なる意識があることを意識しています。「意識しています」と言っているのが「本当の自分」です。 ストレス社会でと...
関連記事

今を100%感じる

どういう心持ちで生きていくのが望ましいかについて言い方はいろいろありますが、「今を100%感じながら、経験を積み重ねるこ...
身心の観察(瞑想)

思考しないという修行

人は常に何かを思考していますが、そのほとんどが余計な事柄であり、かつ現実でもないことに注意を要します。ある物事に目を向け...
身心の観察(瞑想)

生かされていることに気づく(止観)

思考を止めることによって、物事をあるがままに捉えて正しく見極められるような観察ができます【止観、名色分離智、無分別智】。...
関連記事

理由なく感じること=魂の想い

人の願望や夢や理想などいうものは頭が求めるものだと思います。そのような中でも「理由もなくやりたいと感じるもの」こそが大事...
関連記事

自然法爾(じねんほうに)

すべての存在(自然の摂理の形成物、創造物)は、その存在ありのままで在ることが自然の摂理に適うことであり、すべての存在がそ...
関連記事

宗教は方便が用いられる

一般的に、宗教は方便(人を真実の教えに導くために仮にとる便宜的な手段)を用いて教えを説いていますが、そのことがあまり理解...