いまここ、お四国

自分が存在するのは常に「いま・ここ」なのに、頭はそこにいません。不安や煩悩・エゴにとらわれて、済んだことや先のことや人のことを気にしています。
お遍路はそんな自分を「いま・ここ」に戻してくれます。

「人として正しく生きる」と自らが決意することの大切さに関する“新着投稿”です↓

自分の拠り所は自分
己こそ己の寄るべ 己を置きて誰に寄るべぞ。よく整えし己こそ まこと得難き寄るべなり。自ら悪をなさば自ら汚れ 自ら悪...

お遍路の心得

これまでの私の「走り遍路」の経験から「何となくお遍路をするのではもったいない。やるならしっかりやろう!」と感じるところがあって、“何のためにお遍路をし、どのような気持ちで臨むのか”をあらかじめ整理しておくことにしました。

なお、本掲載内容は、加筆や修正などを随時行っていきます。

空 (くう) とは

一般的な参拝は手を合わせてお願い事をする程度と思われますが、お遍路では“般若心経を唱えて札所を巡る”こととなります。
般若心経は、仏教の重要な教えである、「空」の思想をギュッと詰め込んで説いたコンパクトなお経です。日本で最もよく唱えられているお経と言われています。
単に「空」を説くにとどまらず、唱える者や聞く者に対して苦(不自由な制約)を除いて楽を与えるとともに、この教えを信じて実践するならば、悟りを得て、何事も自由自在になし得る不思議な力(神通力)さえ身に付くとされています。

般若心経では、人がどうあるべきかについて、次のとおり説かれています(今の私の解釈)。

人が認識するすべての現象(縁起によって絶えず移ろうもの(諸行無常))は本質的には「空」(自我が及ばない普遍のもの(諸法無我))であり、本質である「空」から人が認識する現象が生じるのであるから【色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是】、現象にこだわらず、とらわれず、淡々とありのまま受け入れるしかないのである【是諸法空相 不生不滅…、是故空中 無色無受想行識…】。そして、悟りを求める者はこのような真理を会得することによって、心のとらわれが消え去り、不安や妄想から解放されて、悟りの境地に至れるのである【菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃】

エゴによって絶えず移り変わる欲望にとらわれていると、一時の欲望を満たしたところで、次々と新たな欲望が現れます。エゴを抑えない限りは苦悩し続けます。
真理に沿った生き方をすれば、思うようにならない苦悩は生じないとすると、真理(自然の理法)に沿った生き方はすべてが実現されるとまで考えるのは飛躍し過ぎでしょうか。実際どうなのか、修行してみたいと思います。

また、人も本質的には「空」であって、自然の理法に沿うものとして存在するのであれば、人は本来「仏」であり、いつでも悟りの境地に至れるはずです。その自覚の上で、仏であることの妨げとなっている不純物の取り除き方を考えてみたいと思います。

お遍路に臨む際の“心の持ちよう”

【1】常に自分のことをよく知ります。
【2】様々な縁を感じて、感謝します。

<解説>
【1】自分の外のことばかりを意識していると、そのことに自分が支配され、自分を見失います。常に自分の内を意識し、心とからだに不調が無いか、何を考えているかなど、よく観察します。

【2】また、善かれ悪しかれ、縁によって生かしていただいていることに感謝することで、悪い感情を起こさないようにします(怒らない、イライラしない、焦らない、無理をしない、欲張らない、他を気にしない…)

札所参拝のときの“心の持ちよう”

【1】仏性を起こします。
【2】心を込めて
般若心経を唱えます。

<解説>
【1】仏とは、真理(自然の理法)をあらわす聖なる存在です。自分の内にも存在します。参拝に際して、その尊い気持ち(仏性)を起こします。
なお、般若心経を唱える前の仏前勤行次第(懺悔文さん げ もん三帰さん き三竟さん きょう十善戒じゅう ぜん かい発菩提心真言ほつ ぼ だい しん しん ごん三摩耶戒真言さん ま や かい しん ごん)でも、自らのこれまでの過ちを懺悔してから仏性を起こしていくような手順となっています。

【2】読経は、自分の内なる仏性を通じて行います。雑念が湧かないように意識を集中します。

【まとめ】お遍路の核心

常に自分の内を意識し、自己の仏性の純度を高めながら、淡々と生きる。

<解説>
人は本来「仏」です。だから、自分は「空」の境地に至って、何事にもこだわらず、また、とらわれることなく、恐れることもなく、淡々と生きていけます。

問題は、常にストレスを強いられる社会生活の中で、仏であることの妨げとなっている不純物をいかに取り除くかにかかってきます。
“自然の理法に沿って生きている”ことを、自分で監視したりコントロールする能力を会得する必要がありますが、自分の場合はどうすれば良いのか、試行錯誤が必須です。

情報化社会となって、知りたい情報はいくらでも得られますが、頭でっかちになるだけで、身になりません。俗世間からの距離を人それぞれに設定できる柔軟性のある「お遍路」は、現代人の実践修行の場として、うってつけです。

目次に戻る

参考

般若心経

般若心経
「経文」「読経 (動画)」「現代語意訳 (動画)」を掲載します。経文※ 神社や神棚など神前で唱えるときは、最初の「...

仏前勤行次第

仏前勤行次第
勤行次第は、各宗派にて、手順や内容に多少の違いがあるようです。また、四国遍路巡拝用として示されている勤行次第もあります...

四国八十八ヶ所霊場会の“お遍路の心得”

お遍路の心得 – (一社)四国八十八ヶ所霊場会

目次に戻る

公認先達申請

「四国八十八ヶ所 走り遍路」も今年1月に4巡を終え、四国八十八ヶ所霊場会公認先達の巡拝回数要件を満たすこととなりました。引き続き四国遍路のイメージアップに貢献したい気持ちであることから先達申請を行いました。審査の上、12月の先達研修会をもって公認先達に補任(ぶにん、=任命)される予定です。

公認先達について – (一社)四国八十八ヶ所霊場会

目次に戻る

タイトルとURLをコピーしました