般若心経の解説

般若心経は『般若波羅蜜多心経はんにゃはらみたしんぎょう』が正式名称です。

般若心経・全文

仏説ぶっせつ 摩訶まーかー 般若波羅蜜多はんにゃーはーらーみーたー 心経しーんぎょー
観自在菩薩かんじーざいぼーさー 行深般若波羅蜜多時ぎょーじんはんにゃーはーらーみーたーじー 照見五蘊皆空しょーけんごーうんかいくう 度一切苦厄どーいっさいくーやく 舎利子しゃーりーしー 色不異空しきふーいーくう 空不異色くうふーいーしき 色即是空
しきそくぜーくう
 空即是色
くうそくぜーしき
 受想行識じゅうそうぎょうしき 亦復如是やくぶーにょーぜー 舎利子しゃーりーしー 是諸法空相ぜーしょーほうくうそう 不生不滅ふーしょうふーめつ 不垢不浄ふーくーふーじょう 不増不減ふーぞうふーげん 是故空中無色ぜーこーくうちゅうむーしき 無受想行識むーじゅーそうぎょうしき 無眼耳鼻舌身意むーげんにーびーぜっしんにー 無色声香味触法むーしきしょうこうみーそくほう 無眼界むーげんかい 乃至無意識界ないしーむーいーしきかい 無無明むーむーみょう 亦無無明尽やくむーむーみょうじん 乃至無老死ないしーむーろうしー 亦無老死尽やくむーろうしーじん 無苦集滅道むーくーしゅうめつどう 無智亦無得むーちーやくむーとく 以無所得故いーむーしょーとっこー 菩提薩埵ぼーだいさったー 依般若波羅蜜多故えーはんにゃーはーらーみーたーこー 心無罣礙しんむーけーげー 無罣礙故むーけーげーこー 無有恐怖むーうーくーふー 遠離一切顛倒夢想おんりーいっさいてんどうむーそう 究竟涅槃くーぎょうねーはん 三世諸仏さんぜーしょーぶつ 依般若波羅蜜多故えーはんにゃーはーらーみーたーこー 得阿耨多羅三藐三菩提とくあーのくたーらーさんみゃくさんぼーだい 故知般若波羅蜜多こーちーはんにゃーはーらーみーたー 是大神呪ぜーだいじんしゅー 是大明呪ぜーだいみょうしゅー 是無上呪ぜーむーじょうしゅー 是無等等呪ぜーむーとうどうしゅー 能除一切苦真実不虚のうじょーいっさいくーしんじつふーこー 故説般若波羅蜜多呪こーせつはんにゃーはーらーみーたーしゅー 即説呪曰そくせっしゅーわつ 羯諦羯諦ぎゃーてーぎゃーてー 波羅羯諦はーらーぎゃーてー 波羅僧羯諦はらそーぎゃーてー 菩提薩婆訶ぼーじーそわかー 般若心経はんにゃーしんぎょー

(注) ここでの“ふりがな”は唱え方を表したものです(漢字1字につき2拍のリズム)。また、最初の「仏説」は宗派などによって付けない場合があります。

般若心経の教えの状況設定

般若心経の教えは次のような状況設定に基づいています。あらかじめ知っておくと理解しやすいです。

釈迦しゃかさまが、観自在菩薩かんじざいぼさつや出家した弟子たちと一緒に、ふるさとインドの王舎城おうしゃじょうの地にある霊鷲山りょうじゅせんという山に登ったときに、お釈迦しゃかさまは深い瞑想めいそうに入りました。
それに感応して観自在菩薩かんじざいぼさつも深くぎょうじていたときに、ある気づきを得ました。

そして、お釈迦しゃかさまの智慧ちえ一番の弟子であるシャーリプトラ(舎利子しゃりし)が、大乗仏教の象徴である観自在菩薩かんじざいぼさつに教えを請います。

〈この間に般若心経の内容が入ります〉

観自在菩薩かんじざいぼさつが教え終わったとき、お釈迦しゃかさまの瞑想めいそうも終わり「その通りです」と喜んで追認されました。

なお、この筋書きは、小乗仏教より大乗仏教が優位であることを暗に示すねらいもあるようです。

般若心経の解説

般若心経の一節である【照見五蘊皆空】から、般若心経は本当の自分が《人の肉体》ではないことと、それが「空」という悟りの境地のレベルにあるものであることを説いているのではないかと思います。
それは《魂》であって、魂に宿られた側の人の肉体を自分自身だとする思い込みを解かない限り、本当の自分である魂が人のエゴ(自我・我欲)や苦悩に巻き込まれてしまいます。本来の「空」の境地に立ち返り、自分自身だと思い込んでいる肉体を客観的に観察し、自然の摂理に則して正しく生きられるようにすることこそが、その肉体に宿った魂の使命であり修行となります。そしてこの本来の姿に立ち返る方法が、般若心経の説く真言を唱えることなのです。
以下、般若心経の経文を、区切りながら解説します。

【関連記事】
仏教の本質であるブッダの瞑想は、身体の動きや心の働きを観察の対象としてとらえるものです。
(注)次のリンク先からここに戻るときはブラウザーの「戻る」操作にて

NHK番組・こころの時代『瞑想でたどる仏教』
NHK番組・こころの時代『瞑想でたどる仏教-心と身体を観察する』が、令和3年4月から9月まで毎月1回、全6回放送されま...

仏説摩訶般若波羅蜜多心経(経題)

仏説ぶっせつ 摩訶まーかー 般若波羅蜜多はんにゃーはーらーみーたー 心経しーんぎょー

【意訳】
仏の説く、偉大なる「智慧ちえの完成」に関する神髄の教え

【補足説明】
●《般若波羅蜜多はんにゃはらみった》とは悟りを得る智慧を完成させる修行のことで、一般的に「智慧の完成」と訳されます。六波羅蜜ろっぱらみつの智慧波羅蜜にあたり、他の五つの波羅蜜の要素も含む智慧によって悟りに到達するものとなる総合的・代表的な波羅蜜(=波羅蜜多)です。
→「六波羅蜜」とは悟りを得るための六種の修行で、菩薩 ぼさつ涅槃 ねはんに至るための六つの徳目を指します。布施ふせ・持戒・忍辱にんにく精進しょうじん禅定ぜんじょう・智慧。
●《心経》とは心に関するお経の意を表すとの説もあります。同じ物事に対する人の受け取り方は様々です。苦しみや喜びなどの感情は心(マインド、思考)がそのようにとらえるからそう感じるのであって、生き方にも影響します。般若心経は人が妄想や思い込みにとらわれることなく自由自在に生きられるよう心を開放させることを説いているともいえます。

観自在菩薩 ~ 度一切苦厄

観自在菩薩かんじーざいぼーさー 行深般若波羅蜜多時ぎょーじんはんにゃーはーらーみーたーじー 照見五蘊皆空しょーけんごーうんかいくう 度一切苦厄どーいっさいくーやく

【意訳】
観自在菩薩かんじざいぼさつが、「智慧ちえの完成」を洞察していたときに、人が捉える五蘊ごうんの現象界は空の世界(本当の世界)と同時に存在して一体であることを見抜いて、一切の苦厄くやくから衆生しゅじょうを救ったのである。

【補足説明】
●《観自在菩薩》観世音菩薩かんぜおんぼさつ観音菩薩かんのんぼさつとも呼ばれます。衆生の声をかんじてその苦悩から救済するといわれるように大慈大悲だいじだいひ本誓ほんぜいとします。
●《五蘊》は人の認知機能の構成要素ともいえるもので、物質的側面と精神的側面を表します。(詳しくは次項参照)
●《現象界》とは人の感覚によって知覚できる世界のことです。
●《空》とは固有不変の実体の伴わない移ろう現象に執着すべきではないという「無執着のあり方」を示唆するために、空虚な印象を与える言葉として充てられたものとも言われています。(下記サイト参照)
●人の認識する事物はすべて移ろうものであるところ、人はそれが固有不変の実体であるかのように思い込み、これらに執着して生きています。人の苦悩はこうした無知によって、思うように生きられないと感じることで起きています。物質的なことにとらわれなくなると別の見方を持てるようになって世界が広がり、本質的なものの見方ができるようになります。そうなるためには、高い視点で物事を捉えることが有用です。本当の自分である「魂」は、次元を超えた空の境地に立つことができます。このことによる衆生救済を見出したのです。

【参照サイト】 真言宗智山派「総本山智積院」(新しいウィンドウで開きます)

空とは何でしょう? ―中観派の教えを学ぶ―

舎利子 色不異空 ~ 亦復如是

舎利子しゃーりーしー 色不異空しきふーいーくう 空不異色くうふーいーしき 色即是空
しきそくぜーくう
 空即是色
くうそくぜーしき
 受想行識じゅうそうぎょうしき 亦復如是やくぶーにょーぜー

【意訳】
舎利子しゃりしよ。目で捉えた色と、目に捉えられないものを含む空とは、互いに異なるものではない。色の本当のありようは空であり、空を目で捉えると色である。これと同様に、受・想・行・識も人の心で空を捉えたものであり、これらの本当はみな空である。

【補足説明】
●《しきじゅそうぎょうしき》の五つを合わせた名称が「五蘊ごうん」です。人の認知機能の構成要素ともいえるもので、物質的側面と精神的側面を表します。
しき】姿形(物体認知)
じゅ】感受(心の受け止め)
そう】想像(心の受け止めから、心が描くイメージ)
ぎょう】意志(心が描くイメージから、何かを行おうとする気持ち)
しき】識別(一連の心の働きから、心が下す判断)

舎利子 是諸法空相 ~ 不増不減

舎利子しゃーりーしー 是諸法空相ぜーしょーほうくうそう 不生不滅ふーしょうふーめつ 不垢不浄ふーくーふーじょう 不増不減ふーぞうふーげん

【意訳】
舎利子よ。この世のあらゆる存在は固有不変の実体を伴わない空の様相であるから、生まれず・滅せず、あかつかず・清からず、増えず・減らずというものである。

【補足説明】
●「諸行無常」といわれるように、世の中の一切のものは常に変化し生滅して、永久不変なものはありません。一瞬のあり様を捉えて断定することなどできません。

是故空中無色 ~ 乃至無意識界

是故空中無色ぜーこーくうちゅうむーしき 無受想行識むーじゅーそうぎょうしき 無眼耳鼻舌身意むーげんにーびーぜっしんにー 無色声香味触法むーしきしょうこうみーそくほう 無眼界むーげんかい 乃至無意識界ないしーむーいーしきかい

【意訳】
そして、空の境地からすると、色・受・想・行・識は固有不変の実体として存在するものではなく、げんぜつしんの感覚器官も実体として存在せず、これらが捉えるしきしょうこうそくほうも実体として存在せず、つまりは六根ろっこんげんから六識ろくしき意識いしきまでの十八界じゅうはっかいも実体として存在しないのである。

【補足説明】
●《げんぜつしん(皮膚)・(心)》は人の感覚器官のことで、合わせて「六根ろっこん」といわれます。
●《しき(形)・しょう(音)・こうそく(感触)・ほう(心の対象)》は六根ろっこんが捉える対象世界のことで、合わせて「六境ろっきょう」といわれます。
●《眼識げんしき耳識にしき鼻識びしき舌識ぜっしき身識しんしき意識いしき》は六境ろっきょうに反応した心の動き(認識)のことで、合わせて「六識ろくしき」といわれます。
●「六根ろっこん」「六境ろっきょう」「六識ろくしき」を合わせて「十八界じゅうはっかい」といわれます。

無無明 ~ 以無所得故

無無明むーむーみょう 亦無無明尽やくむーむーみょうじん 乃至無老死ないしーむーろうしー 亦無老死尽やくむーろうしーじん 無苦集滅道むーくーしゅうめつどう 無智亦無得むーちーやくむーとく 以無所得故いーむーしょーとっこー

【意訳】
(空の境地にあっては執着することが何もなく、)知るべきことがないために、無知という問題は存在せず、またそれだから無知の問題が無くなったということも存在しないのである。それから、生にも執着しないために、老いや死の問題も存在せず、またそれだから老いや死の問題が無くなったということも存在しないのである。それから、苦にも執着しないために、苦の問題が存在せず、苦の原因、苦を滅すること、苦を克服する方法も存在しないのである。ことさらに、知ることも得ることも存在しないのである。そして、身に得る(身を縛る)ものが存在しないことをもって…

【補足説明】
●「十二支因縁じゅうにしいんねん」や「四諦したい」などに関することです。
◆「十二支因縁」とは輪廻転生りんねてんしょうの迷いの世界の因果の連鎖、つまり過去の因が現在の果となり、現在の因が未来の果となる流れの系列を表し、最初の迷いの根本たる「無明」から順次滅されることにより苦しみは無くなると説くもので、無明むみょうぎょうしき名色みょうしき六入ろくにゅうそくじゅあいしゅしょう老死ろうし。ここでは始めの「無明」と終わりの「老死」だけを掲げて途中を「乃至ないし」で省略した表現となっています。
◆「四諦」とは苦を克服するための四つの真理(しゅうめつどう)を説いたものです。

菩提薩埵 ~ 得阿耨多羅三藐三菩提

菩提薩埵ぼーだいさったー 依般若波羅蜜多故えーはんにゃーはーらーみーたーこー 心無罣礙しんむーけーげー 無罣礙故むーけーげーこー 無有恐怖むーうーくーふー 遠離一切顛倒夢想おんりーいっさいてんどうむーそう 究竟涅槃くーぎょうねーはん 三世諸仏さんぜーしょーぶつ 依般若波羅蜜多故えーはんにゃーはーらーみーたーこー 得阿耨多羅三藐三菩提とくあーのくたーらーさんみゃくさんぼーだい

【意訳】
悟りをめざす者は「智慧ちえの完成」によって心にとらわれ(執着)が無くなり、何かに恐れたり、妄想(根拠のない想像)に振り回されたりすることも無くなって、自由自在に生きられる悟りの境地に至るのである。過去・現在・未来の三世さんぜの仏たちも、この「智慧ちえの完成」によって、最上の完全な悟りを得てきたし又は得ることとなるのである。

【補足説明】
●《阿耨多羅三藐三菩提あのくたらさんみゃくさんぼだい》とは無上正等覚むじょうしょうとうかくと訳され、真の悟りを得ていることを表します。仏の尊称としても用いられます。すべての段階の菩提を越えて、最高にして正しく、あまねき正覚(一切の真理を正しく平等に悟ること)の境地にあります。

故知般若波羅蜜多 ~ 即説呪曰

故知般若波羅蜜多こーちーはんにゃーはーらーみーたー 是大神呪ぜーだいじんしゅー 是大明呪ぜーだいみょうしゅー 是無上呪ぜーむーじょうしゅー 是無等等呪ぜーむーとうどうしゅー 能除一切苦真実不虚のうじょーいっさいくーしんじつふーこー 故説般若波羅蜜多呪こーせつはんにゃーはーらーみーたーしゅー 即説呪曰そくせっしゅーわつ

【意訳】
この「智慧ちえの完成」とは、偉大なる真言であり、悟りのための真言であり、無上の真言であり、比類なき真言であるところのこの真言を唱えることである。一切の苦しみをよく除き、真実であって偽りはないのである。この真言を唱えることとは次のとおりである。

【補足説明】
●真言はそれ自体が「悟りの智慧ちえ」にほかなりません。「真言密教」あるいは単に「密教」とは、真言によって真理を説くことに基づくものです。人が理解できるように、真理を言葉や文字で説明し尽くすことなどできないとする立場です。
●《じゅ》は真言のほかに、陀羅尼だらに密語みつご、呪文、呪術とも訳されています。

羯諦羯諦 ~ 菩提薩婆訶(真言)

羯諦羯諦ぎゃーてーぎゃーてー 波羅羯諦はーらーぎゃーてー 波羅僧羯諦はらそーぎゃーてー 菩提薩婆訶ぼーじーそわかー

【意訳】
立てる者よ 立てる者よ くうの境地に立てる者よ くうの境地に完全に立てる者よ 悟りあり めでたし

【補足説明】
●般若心経の核心である「真言」です。サンスクリット語(古典用古代インド語)の音に漢字を当てたものなので、漢字を訳しても意味を成しません。サンスクリット語を訳せばいいのですが、奥深い意味があって簡単に訳せないため、サンスクリット語の音のまま唱えるものとされています。この真言を唱えることで空の境地に導かれていきます。
●「真言」は意図するものを心に呼び起こすためのものであるから、言葉の意味よりも「響き」が重要だとする説があります。そうであれば意味を追うのはやめて、より集中した瞑想状態の中で唱えることが求められると思います。

般若心経(経題)

般若心経はんにゃーしんぎょー

【補足説明】
般若心経の終わりを表す経題です。

読経動画(YouTube)

参考動画をご紹介します。
(注) 動画閲覧の際はデータ通信量が大きくなります。

■般若心経 十回復唱(高野山奥の院)

目次に戻る

HOME
 > 般若心経(解説付き) ←このページ

タイトルとURLをコピーしました