いのり投稿一覧

祝詞(のりと)・大祓詞(おおはらえのことば)

はじめに

神道の《祝詞》は、日本の神の言葉を人に聞かせるためのものが、人が神の働きを賛美するために奏上されるものへと変遷したようです。「本当のいのり」を考えるにあたって、祝詞についても研さんすべきと思いました。言葉無くしていのりは成立しないほど言葉は重要です。その言葉を考えるときに祝詞の成り立ちがとても参考になります。
日本で一番よく唱えられているお経といえば『般若心経』ですが、これに相当する祝詞が《大祓詞》です。この祝詞も優れた力を持つことから人気絶大のようです。この祝詞を研さん対象としました。

大祓詞は、日本の神々の働きによって人々の罪穢れが祓われる様子を詳しく描いており、それをはっきり読み上げることでその言霊が発動して効果を現すものと思います。日本の神々をたたえ、喜んでいただき、より大きなお力をいただいて、人々の自我による罪穢れの浄化がなされ、この世の調和と平和が進展するように神とのつながりを深めたいものです。
なお、『古事記』(天地創造などの神話から天皇につながる経緯を記した日本最古の歴史書)に照らすと大祓詞の理解がより深まります。

この大祓詞は全国の有人の神社において、朝一番の日課をはじめ、参拝者への祈祷など様々な神事でよく奏上されていると思います。朝早くに参拝して、拝殿で神社関係者がそろって奏上しているところに出くわせば、自らの罪穢れも一緒に祓らわれるような気分を味わうことができます。

【関連記事】

日本人の神の観念
今でも継承されていると思いますが、日本人の神の観念は「八百万やおよろずの神」というように、あらゆる事物に神がいると考え...

祝詞の文面表記について

言語の表現方法の歴史は《音声》に始まり《文字》が加わるという流れですが、日本の文字は中国から伝来した《漢字》が用いられました。その後、日本語の言葉すべてを漢字表記し続けることに難もあり、漢字を崩した仮名を交えて表記されるようになりました。

祝詞も口伝えで受け継がれたものが、漢字表記され、その後仮名交じりとなった経緯にあります。漢字表記にするあたって日本語の意味に近い漢字が当てられましたが、このことで本来の日本語の意味が曲げられてしまうことになります。

適当な漢字が当てられなかった場合、例えば「ふじ・富士」でいえば、「ふ」は何かが吹き出すという意味の語で、「じ」は地面という意味です。これをつなぎ合わせて、地面から噴き出たものを表現しました。
「富士」という漢字からはこのことがまったく読み取れないばかりか、他のイメージを持たれ兼ねません。「ふじ」という仮名表記の方が誤解されにくいです。

このように、漢字にとらわれ過ぎないように、仮名のみ表記の祝詞によって、無心に唱えることが本来の祝詞の言霊を活かすことになりそうです。

祝詞の唱え方

古代日本の音声言語は、伝えたいことを、一音一音の響きに応じた意味を込めた語をつなぎ合わせて表現したもののようです。
古来の祝詞もこの言葉でつくられたものですから、詳しい意味が分からないままに祝詞を唱えても、その言霊の効果は音の響きによって生じることになります。

このことから祝詞の唱え方は、誤った解釈の想念が混じることにもなり兼ねませんので、感情による抑揚をつけることなく、一語一語の音を母音まで丁寧に発することに重点を置いて、無心でゆっくり淡々と唱えることが望ましいと思われます。
大祓詞の出だしを例として、「たかまのはらに」は「たあかあまあのおはあらあにい」のように唱えて、音の響きに同調して心に生ずるものを観ずればよいと思います(観ずるとは“しっかり観察して把握すること”)。

大祓詞全文

かな表記

たかまのはらにかむづまります すめらがむつかむろぎ かむろみのみこともちて やほよろづのかみたちを かむつどへにつどへたまひ かむはかりにはかりたまひて あがすめみまのみことは とよあしはらのみづほのくにを やすくにとたひらけくしろしめせと ことよさしまつりき かくよさしまつりしくぬちにあらぶるかみたちをば かむとはしにとはしたまひ かむはらひにはらひたまひて ことといしいはねきねたちくさのかきはをもことやめて あめのいはくらはなち あめのやへぐもを いづのちわきにちわきて あまくだしよさしまつりき かくよさしまつりしよものくになかと おほやまとひだかみのくにを やすくにとさだめまつりて したついはねにみやばしらふとしきたて たかまのはらにちぎたかしりて すめみまのみことのみづのみあらかつかへまつりて あめのみかげひのみかげとかくりまして やすくにとたひらけくしろしめさむくぬちに なりいでむ あめのますひとらが あやまちおかしけむくさぐさの つみごとは あまつつみくにつつみここだくのつみいでむ かくいでば あまつみやごともちて あまつかなぎをもとうちきり すゑうちたちて ちくらのおきくらにおきたらはして あまつすがそをもとかりたち すゑかりきりて やはりにとりさきて あまつのりとのふとのりとごとをのれ

かくのらば あまつかみはあめのいはとをおしひらきて あめのやへぐもをいづのちわきにちわきて きこしめさむ くにつかみはたかやまのすゑひきやまのすゑにのぼりまして たかやまのいほりひきやまのいほりをかきわけて きこしめさむ かくきこしめしてば つみといふつみはあらじと しなとのかぜのあめのやへぐもをふきはなつことのごとく あしたのみぎりゆふべのみぎりを あさかぜゆふかぜのふきはらふことのごとく おほつべにをるおほふねを へときはなち ともときはなちておほうなばらにおしはなつことのごとく をちかたのしげきがもとを やきがまのとがまもちて うちはらふことのごとく のこるつみはあらじと はらへたまひきよめたまふことを たかやまのすゑひきやまのすゑより さくなだりにおちたぎつはやかわのせにます せおりつひめといふかみ おほうなばらにもちいでなむ かくもちいでいなば あらしほのしほのやほぢのやしほぢのしほのやほあひにます はやあきつひめといふかみ もちかかのみてむ かくかかのみてば いぶきどにます いぶきどぬしといふかみ ねのくに そこのくににいぶきはなちてむ かくいぶきはなちてば ねのくにそこのくににます はやさすらひめといふかみ もちさすらひうしなひてむ かくさすらひうしなひてば つみといふつみはあらじと はらへたまひきよめたまふことを あまつかみ くにつかみ やほよろづのかみたちともにきこしめせとまをす

漢字・かな交じり表記

高天原たかまのはら神留かむづます すめらむつかむ かむみことちて よろづ神等かみたちかむつどへにつどたまひ かむはかりにはかたまひて すめまのみことは 豊葦原とよあしはら水穗みづほくにを 安国やすくにたひらけくろしせと ことさしまつりき さしまつりし国中くぬちに あら神等かみたちをば かむはしにはしたまひ 神掃かむはらひにはらたまひて ことひし磐根いはね 樹根きねたち くさかきをもことめて あめ磐座放いはくらはなち あめ八重やへぐもを 伊頭いづ千別ちわきに千別ちわきて 天降あまくださしまつりき さしまつりし四方よも国中くになかと おほやまと高見国だかみのくに安国やすくにさだまつりて した磐根いはねみやばしらふとて 高天原たかまのはら千木ちぎたかりて すめまのみことみづ殿あらかつかまつりて あめかげ かげかくして 安国やすくにたひらけくろしさむ国中くぬちでむあめ益人ますひとが あやまをかしけむ種種くさぐさ罪事つみごとは あまつみ くにつみ 許許太久ここだくつみでむ でば あま宮事みやごとちて あま金木かなぎもとり すゑちて くら置座おきくららはして あま菅麻すがそもとち すゑりて 八針やはりきて あま祝詞のりとふと祝詞のりとごと

らば あまかみあめ磐門いはとひらきて あめ八重やへぐも伊頭いづ千別ちわきに千別ちわきて こしさむ くにかみ高山たかやますゑ 短山ひきやますゑのぼして 高山たかやま伊褒理いほり 短山ひきやま伊褒理いほりけてこしさむ こししてば つみつみらじと しなかぜあめ八重やへぐもはなことごとく あしたぎり ゆふべぎりを 朝風あさかぜ 夕風ゆふかぜはらことごとく おほ津邊つべ大船おほふねを 舳解へとはなち ともはなちて 大海原おほうなばらはなことごとく 彼方をちかたしげもとを 焼鎌やきがまがまちて はらことごとく のこつみらじと はらたまきよたまことを 高山たかやますゑ 短山ひきやますゑより 佐久那太理さくなだり多岐たぎつ 速川はやかはおり津比賣つひめかみ 大海原おほうなばらでなむ なば 荒潮あらしほしほ八百道やほぢ潮道しほぢしほ八百やほあひ速開はやあき都比賣つひめかみ 加加呑かかのみてむ 加加呑かかのみてば ぶきぶきぬしかみ 根国ねのくに 底国そこのくにはなちてむ はなちてば 根国ねのくに 底国そこのくにはや佐須良比賣さすらひめかみ 佐須良さすらうしなひてむ 佐須良さすらうしなひてば つみつみらじと はらたまきよたまことを あまかみ くにかみ 八百やほよろづの神等共かみたちともに こしせとまを

備考:「天つ祝詞の太祝詞事」について

大祓詞の前半部の最後に「あま祝詞のりとふと祝詞のりとごとれ」とありますが、この「天つ祝詞の太祝詞事」が具体的に何を指すかについては諸説あります。詳しくは次のリンク先に掲載します。

大祓詞の「天つ祝詞の太祝詞事」について
大祓詞おおはらえのことばの前半部の最後に「天あまつ祝詞のりとの太ふと祝詞のりと事ごとを宣のれ」とありますが、この「天つ...

参照サイト

小國神社(静岡県)
祝詞や大祓の説明のほか、大祓詞で述べられていることを分かりやすく紹介する漫画動画も視聴できるサイトです。

大祓(おおはらえ)|罪や穢れを人形(ひとがた)に託し祓い清める神事|遠江國一宮 小國神社
「大祓(おおはらえ)」毎年6月と12月の晦日&#123...
タイトルとURLをコピーしました