雑感

NHK番組・こころの時代『瞑想でたどる仏教』


NHK番組・こころの時代『瞑想でたどる仏教-心と身体を観察する』が、令和3年4月から9月まで毎月1回、全6回放送されました。なお、同年12月29、30両日深夜にも再放送され、その後引き続き一週間「NHKプラス」サイトで番組動画を閲覧することができました。

第1回「ブッダの見つけた苦しみから逃れる道」
第2回「ブッダの教えを継ぐ人々」
第3回「多様化する瞑想」
第4回「中国文化との融合」
第5回「日本仏教の誕生」
第6回「心を師とすることなかれ」

仏教は今から2500年前にブッダが瞑想によって悟りを得たことで始まります。苦と向き合うのが仏教であり、苦を解決する方法が瞑想ですから、本番組は仏教の本質・根幹に関わる内容です。

日本の仏教では坐禅修行を主とする宗派を除き、もっぱらお経を唱えているようにも思えますが、一つのものに専心する性格を持っているので読経も瞑想に当たるとのことです。ブッダの瞑想以降、仏教の瞑想は座禅によるものだけに限らず、いろんな方法が編み出されてきたようです。
また瞑想を始めると、それを妨げるような煩悩や幻覚などが生じる場合があると、その対処法を含めて第6回「心を師とすることなかれ」で言及されています。今までやってなかったことを行うわけですから、まずは雑念との戦いだと思われます。これを越えることを含めて修行です。

【番組視聴メモと感想】
ブッダの瞑想(=仏教瞑想の本質)は、身体の動きや心の働きを観察の対象としてとらえるもので、五感に刺激を受けたときの心の働きなどに気づき続けることでヒトの認識機能のしくみを把握し、心が勝手に苦しみを生み出したり増幅させたりしないようにするものです。
王の息子として生まれたブッダが出家修行したきっかけは民衆の苦悩の救済にありました。慈悲の心はもとからヒトに備わっているものです。自らの苦悩を克服する「智慧」と、それを他者にも振り向ける「慈悲」は仏教の二本柱といえるものです。
==
このような「自利利他」の精神を養うことによって悟りの境地にも到達するのだと感じました。これ以外にも学びになる内容が盛りだくさんの番組内容でした。

自身のカラダ(心・マインドや脳思考を含む)を客観視することが、本当の自分を知って、正しく生きることにつながると私は思っています。魂とカラダの適切な関係(主従関係)に注意することを習慣化するには瞑想修行が有効です。
そういえば、私の「走り遍路」も瞑想として取り組んでいるものでした。自らのカラダを客観視して、走りをやめさせようとする煩悩を抑えつつ、ムリをし過ぎないように体調を監視しながら、意義あるお遍路となるように努めています。

【参照サイト】

こころの時代〜宗教・人生〜
人生の壁にぶつかったとき、絶望の淵に立たされたとき、どう生きる道を見いだすのか。経済的合理性や科学的思考が判断基準となりがちな現代。それだけでは解決できない生老病死の問題に、いかに挑むのか。先人たちの知恵や体験に耳を傾け、考えていく番組です。

タイトルとURLをコピーしました