ブッダの教え内観(瞑想)投稿一覧

自分に向き合う

あるときのお遍路の途上で前を行く30代ぐらいの女性に追いついたときのことです。自らの苦悩を何とかしたいという思いから歩き遍路をしているように見えました。
「(遍路してみたものの)なんにもないし…」という言葉を漏らしていました。

何と返すべきだったかと後になってから、“お遍路は自分に向き合うためにするものだと私は思っています”と言えばよかったと思いました。
日常生活では、自分に向き合うことを遠ざける物事ばかりです。答えはすべて自分の内にあります。それに気づくことが大事なのに、答えを外に求めがちな人は、そのような人にとってこそまず必要な修行環境が、心を深く落ち着かせられる【何も無いところ】だと分かりません…

【関連記事】

この世は実は修行の道場
ブッダの教えによると、人として生きるこの物質世界は欲望が盛んな《欲界》といえます。その気がなくても、おのずと自我・我欲...
タイトルとURLをコピーしました