雑感

お大師さんの代わり

札所で他の参拝者とすれ違いざまに挨拶しようとすると、先方が立ち止まって、私に手を合わせて拝んでこられました。
「こんにちは」とは言えなくなり、慌てて“お大師さまのご加護がありますように”と念じ返します。へんろ道でスレ違う人との間でも稀にあります。

信心深い人にとっては、お遍路さんの同行二人のお大師さまを観じられたものと思いますが、私の方が意識を欠いていました。
これはきっとお大師さまの演出です。慈愛を身に付けさせるための修行です。
常に“お大師さんと一緒にいる” “お大師さんの代わり”を忘れてはいけません。

また、拝まれはしませんが、道端で無邪気に遊んでいる子どもからも「おじさん、何しよん? どこへ行きよん?」などとよく聞かれます。慈愛をもって対応せねば…
“お大師さまのご加護がありますように”とも。

タイトルとURLをコピーしました